高橋洋一がパクられてた件

高橋洋一東洋大教授

 警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。

 同署幹部によると、高橋容疑者は24日午後8時ごろ、東京都練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、区内に住む男性会社員(67)が使っていたロッカーから、現金約5万円が入った財布や、数十万円相当のブルガリの高級腕時計を盗んだ疑い。ロッカーは無施錠だったという。

 男性の通報で駆けつけた同署員が調べたところ、防犯カメラに高橋容疑者に似た男が写っていたため、浴場から出てきた高橋容疑者に事情を聞くと、盗んだことを認めたという。調べに対し、高橋容疑者は「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった」と供述しているという。

 逮捕しなかった理由について同署は「証拠隠滅の恐れがないと判断したため」としている。

 高橋容疑者は小泉政権竹中平蔵・元総務相のブレーンとして郵政民営化などを推進。安倍政権では内閣官房参事官として公務員制度改革の青写真を描いたが、2008年3月に退官。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。東洋大は「教育に携わる者として許し難いことであり、厳正に処分を行いたい」としている。
(2009年3月30日22時28分 読売新聞)

小泉政権ブレーン・高橋洋一教授を窃盗容疑で書類送検(YOMIURI ONLINE)

この人の著書はモリモリ読んでいた。高橋洋一氏が首相になるっていうなら例え公明党だろうと一票入れる気でいたのだけど、知らないうちにパクられてた。いい時計でもどんな人が持ってるのか気になっても盗んで手に入れたらダメだ。

霞ヶ関埋蔵金を見つけるだけではなく、温泉施設で金品まで・・・。
ただただ非常に残念。

でもこの人が書く本の面白さは変わらないと思うから次回の著作には変わらぬ期待を持っています。な、なんだこの感じ・・・!!

文字列から改行を削除する&設定した文字数だけ出力

    • 配列の長さと、文字列の長さ、StringBufferの使い方
	public static String deleteChangeLineAnd15CharDisplayed (String memo) {
		
		String s = memo;
		StringBuffer sb = new StringBuffer();
		char[] c = s.toCharArray();
		
		// 空の場合は空の文字列を返す
		if (s == null || s.length() == 0 || s == "") {
			return "";
		}
		
		// 1行目に15文字以下の文字列が入力された場合
		// 15文字以内に改行が入力された場合には改行までを返す
		if (c.length < 15) {
			for (int i = 0; i < c.length; i++){
				if (c[i] == '\n') break;
				sb.append(c[i]);
			}
			return sb.substring(0, sb.length());
		}
		// 15文字を超えた部分に改行があった場合
		else if (c.length >= 15) {
			for (int i = 0; i < c.length; i++) {
				if (c[i] == '\n') break;
				sb.append(c[i]);
			}
			if (sb.length() < 15) {
				return sb.substring(0, sb.length());
			}
			return sb.substring(0, 15);
		}
		// 1行目が15文字以下且つ改行が無い場合
		return s;
	}

そろそろ魔忌魅苦死威なんて暴走族が出てきてもおかしくないと思う。

ボス 「おめえも俺らと魔忌魅苦するか死ぬか選べや」
てき 「お前らと魔忌魅苦になるくらいなら・・・ぐあぁぁあっっ!」
ボス 「よく聞こえねーなぁ。唖死唖斗ごとおめえの命も消すぞゴルァ!」
てき 「てめえ、俺の鬼璃蛮のクセに唖死唖斗消すだと・・? お前が魔忌魅苦死威の者とは知らずに
『アカウント取得から2年! 20番目の足跡ありがとうございます!』
なんて恥ずかしい滅誠慈を送った俺をコケにする気か!」


出てくるわけないんだけど

うおー! 時間が時間だけに最近はほとんど見ていなかったが、タモリ倶楽部スペシャルをやるだとー! 楽しみだぜー!

「懐かしのVTR 蔵出し傑作集SP」
テレ朝で1月30日(金) 23:15~

コマンドプロンプトのdir -sで取得したデータを整形したい

dir -sで取得したデータを
C:\movie\adult\oppai
とかにしてディレクトリ別に何処に何が入っているのか一目瞭然の形に整形するにはどうしたらいいのだろう。

がんばる

BAKUMAN、面白いよBAKUMAN

[レビュー]

結果

実に面白かった。コミックスを買ったのは実に久しぶり。最後に買ったのは2年くらい前だったと思う。それも『あごゲン』。

きっかけ

購入に至ったきっかけは原作を担当している大場つぐみ氏がガモウひろしということが確定しましたみたいなブログ記事を読んだから。たしかここ(『バクマン。 大場つぐみ=ガモウひろしが確定したようです』)だったと思う。根拠はBAKUMAN1巻で話の区切り毎に設置されているコーナーからのもの。そのコーナーでは『大場のネーム⇒それを見て小畑が起こしたネーム⇒紙面』の流れが掲載されている。確かにネームはラッキーマンとクリソツなのだ。誰がどう見てもラッキーマンのものと瓜二つ。ネームが似ているのだからこれもはや確定でしょ、というのがリンク先の記事である。僕は漫画のことはほとんど知らないけど出来上がっていく過程が少しでも見れるというのは面白い。僕は別に大場つぐみが誰だろうとどうでもよかった。ただあらすじを読むとどうにもこうにも面白そうだから購入しただけなのだ。「大場=ガモウ?」はきっかけに過ぎなかった。だが読んでみるとこれがどうして期待を裏切らなかった。買ってから毎日1回読んでる。コミック特有のページ数に対しての比重の軽さを懐かしみながら今日まで 5回読んだ。

中心人物の魅力は半端ない!!

主人公であるサイコーとシュージンのキャラクターは魅力たっぷりだ。Wikipediaでも見ればいいのだけど感想として以下に簡単に記す。

サイコー(画担当)

絵の天才。勉強面では可もなく不可もない(と思われる)といった感じだが、絵を描くことに関して比類なき才能を持つ。これに関しては具体的な結果としてあまり示されていないけど、〜〜大臣の名前入り賞状をもらっていたり、数学のノートに自分の好きな女の子を様々なアングルから描いているあたりから容易に想像できる。

シュージン(プロット作り)

THE 文才。絵の才能はない(これはシュージンが書いたネームから明らか)が、文才に関しては自身たっぷりであり、頭脳明晰。中学生離れした言い回しや、物事に対する考察力によってそれを表現している。とてもアクティブに動く。

もっともツボにハマったところ

僕が何よりもBAKUMANに惹かれたのはストイックなまでのポジティブさとひたむきさ。目標に向かって最短距離を駆け抜けるための努力や犠牲を惜しまない姿勢だ。読んでいてもどかしくなるほど彼らは光り輝き始めている。この先もちろん幾多の試練があるだろうし、まだ中学生だけど、応援したくなってくる。彼らが作り上げた作品を読みたいとすら思う。彼らにマンガ界の頂点を極めてほしいと思う。

以上、全てマンガの中の話でした。

追記

ユーモアや風刺も至るところに見れて面白いです。

テキストデータを読み込み、重複部分(重複行)以外を出力する。

概要

  • 読み込んだテキストデータ(テキストファイル)を、重複部分(重複行)を削-除して出力する。
  • 出力する際に、grepキーワードを含む行だけを抽出して出力する。
  • grepするキーワード数は2つ

ロジック

  • readyメソッド
    • 入力するファイルのパスを指定
    • 出力するファイルのパスを指定
    • grepキーワードを指定
  • readメソッド
    • readyメソッドで指定したファイルパス(private static 変数)を使って入出力ファイルを読み込む
    • whileループにより、文末まで読み込みを続ける。ArrayList uniqLineに同じものがあった(既に読み込まれていた)場合にはuniqLineからその行を削除する。
    • grepキーワード有無の判断はindexOf(int ch)で行う。該当する文字が String str にあれば-1以外と評価されるので、 それ以外ならArrayListに追加する。
  • writerメソッド
    • for (String s : uniqLines) によって、uniqLinesの要素を順番に書き出す。
  • -
import java.util.*;
import java.io.*;

public class UniqLineOutput {

	private static ArrayList<String> uniqLines 
		= new ArrayList<String>();				// ユニークな行を格納するArrayList
	private static String str;					// 読み込んだ1行を格納する
	private static String inputFileName;		// 入力するファイルパス
	private static String outputFileName;		// 出力するファイルパス
	private static File inputFile;				// パスを受けて入力するファイル
	private static File outputFile;				// パスを受けて出力するファイル
	private static String grepKeyword1;			// grepキーワード1
	private static String grepKeyword2;			// grepキーワード2
	private static BufferedReader stdIn = 
		new BufferedReader(
		new InputStreamReader(System.in));		// 文字列読み込み用
	private static BufferedReader br = null;	// ファイルを読み込む
	private static BufferedWriter bw = null;	// ファイルに書き込み
	
	public static void main(String[] args) {
		UniqLineOutputTest_02 UniqLineOutputTest02 = new UniqLineOutputTest_02();
		UniqLineOutputTest02.ready();
		UniqLineOutputTest02.read();
		UniqLineOutputTest02.writer();
		System.out.println("END");
	}
	
	public void ready() {
		System.out.println("読み込みたいテキストファイルのパスを入力してください");
		try {
			inputFileName = stdIn.readLine();
		}
		catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
		System.out.println("出力するファイルのファイル名を入力してください。\n"
							+ "ディレクトリを指定して作成する場合は、\n"
							+ "作成先ディレクトリのパスを指定してください。\n"
							+ "上記以外はカレントディレクトリに作成します。");
		try {
			outputFileName = stdIn.readLine();
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
		
		System.out.println("Grepするキーワード1を入力してください");
		try {
			grepKeyword1 = stdIn.readLine();
		}
		catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
		System.out.println("Grepするキーワード2を入力してください");
		try {
			grepKeyword2 = stdIn.readLine();
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
	}
	
	public void read() {
		inputFile = new File(inputFileName);
		outputFile = new File(outputFileName);
		try {
			br = new BufferedReader(new FileReader(inputFile));
			bw = new BufferedWriter(new FileWriter(outputFile));
		}
		catch (Exception ex) {
			ex.printStackTrace();
		}
		try {
			while ((str = br.readLine()) != null) {
				if (uniqLines.contains(str) == true) {
					uniqLines.remove(str);
				} 
				else if ((str.indexOf(grepKeyword1) != (-1)) | (str.indexOf(grepKeyword2) != (-1))) {
					uniqLines.add(str);
				}
			}
		}
		catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
		catch (Error er){
			er.printStackTrace();
		}
	}
	
	public void writer() {
		try {
			for (String s : uniqLines) {
				bw.write(s);
				bw.newLine();
				bw.flush();
			}
		}
		catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		} 
		finally {
			try {
				stdIn.close();
				bw.close();
				br.close();
			} catch (IOException e) {
				e.printStackTrace();
			}
		}
	}
}